fashionclubのブログ

モテないファッション。服は必要より欲しいで選ぶ。ブログ名は部活動のイメージでつけています。洋服好きな40代、アラフィフです。ファッションのこと、年齢の悩みなど書いていきたいと思っています。リアルな友だちに同じ趣味の人がいないので、服好きな方に仲良くしていただけたら嬉しいです。

売る人買う人

わたしは洋服はお店で買う派です

と言うより

お店に行くことが好きだから

洋服が好きなのかも?

 

伝わらないかな?

 

つまり

お店に行きたいから

洋服を着る?

 

お店で洋服を選んでいる時間が好き?

 

 

あれ?

上手く伝えられる気がしません

ややこしいですね

 

 

 

 

たらればになりますが

 

もしも

仕事や生活が忙しかったり

近くにお店がなくて

ネットで買うしか手段がない環境であったなら

 

わたしは洋服なんて

着られれば何でもよいって人に

なっていたかもしれません

 

 

だって一人じゃ服を選べない人だから

 

 

 

要するに

何を買うかと同じくらい

 

どこで買うか

誰から買うかは

わたしにとって重要なのです

 

 

 

 

 

ある方に

洋服を買うときのマナーについての

お題を頂いて

しばらく色々と考えていました

 

言いたいことはまとまりませんが

しばらく同じテーマで

ブログを書こうかなと思っています

 

 

 

 

さて、今回はお店に陳列されている洋服は

「誰のものか」について

思ったことを書こうと思います

 

お店の服は

お店のものじゃん

当たり前じゃん

 

と思うでしょうが

 

私たちがその洋服を見たり

触れたり

試着しているとき

本当に正しく取り扱いができているのでしょうか

 

 

靴の持ち方

靴を試着する場所

試着のときの着脱の仕方

 

 

恥ずかしながら

わたしは以前とあるお店で

試着のときにタグを折ってしまったことがあります

しかも何度か

 

気がつかなかったのです

 

 

 

タグが折れると通販で売れないことが

あるそうで、、

本当に申し訳なかった

 

 

 

お店の方には

こちらがタグを取らずに渡したからと

仰っていただきましたが

着脱のときに意識していれば

そんなことはおきない場所についていました

 

 

 

わたしはコンビニで買い物するときも

レストランで注文するときも

 

ありがとうございます

 

と言うことを

大切にしてきました

 

 

だけれど

 

試着させて頂くこと

 

まだお店のもので

これから別の誰かのものになるかもしれない服を

少しお借りしていることに対して

 

当たり前みたいになってたんだなと

そのときに思ったのでした

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと洋服から離れますが

 

スーパーなどで

会計前に子どもが

お菓子の袋を開けて食べてしまう問題

 

ニュースで聞いたり

目の当たりにした人も

多いのではないでしょうか?

 

 

デニーズは食べた後に会計をし

マクドナルドは食べる前に会計をする

 

お店側の決まりに則って

私たちは買い物をするわけです

 

法的に言うと

他人の財物をその人の意思に反して

自己の支配下に置いたときに

窃盗罪になる

らしい

 

だからお店側のルールに反して

会計前にお菓子を食べてしまったら罪

 

食べた時点で罪になるから

その後お金を払ったとしても

その罪が無かったことには

ならないのだそうです

 

「子どものすることだから」

と言うのは免罪符ではなく

親がしっかりと教えないといけないことですよね

 

 

 

 

 

洋服の話に戻すと

わたしは遥か遠いむかしではありますが

フリーマーケットにハマっていて

定期的に出品していました

 

その頃フリーマーケット

朝イチから業者の人や

常連さんがたくさん来ていました

 

私たちが

車から商品を詰め込んだ段ボールを下ろすまもなく

四方八方から手が伸びてきて

段ボールをひっくり返されます

 

きちんと陳列する間もありません

 

その嵐が去った後は

ぐっちゃぐちゃにかき回された

洋服たちが残ります

 

そう言う人たちは買ってくれるし

そのころ自分も若かったしで

特にそのことに疑問を抱きませんでした

 

買い物に対する人のエネルギー

欲望の矢印がこちらに向けられることが

怖いなーと思うだけでした

 

でも今のわたしには

マナーに反する行為を受けていたのだと思えます

 

 

なぜなら

売買が完了するまでは

その商品はまだわたしのものなのです

 

だから

人のものをそんなふうに雑に扱って

良いはずはありません

 

こちらは出来るだけ良い値段で

売りたいと思い

見栄え良く、綺麗に準備していました

 

しかし

嵐が去った後は

1,000円で売ろうと思っていたものが

500円くらいにしか見えなくなっていたものです

 

 

でもそれは悪意のある行動ではなく

何も考えていないだけ

だから

買う方は間違いに気付けないし

売る側も対応が難しいのだなぁと思うのです

 

 

 

 

 

 

今や洋服はネットで気楽に購入できてしまいます

洋服の着方、扱い方、買うときのマナーなど

お店で教えてもらえることは多いのですが

 

ネット優勢のこれからは

それらに一切触れることなく

育つ子どももいるのですよね

 

便利さの代償なのでしょうか?

少し怖いような気もします

 

 

このテーマはまだまだ考えることが多そうです

 

 

 

 

そして全然関係ないけど

キャラクターだったら

スヌーピーが好きです

 

f:id:fashionclub:20210822200805j:image

 

 

もし子

 

(つらつら考える)着ると心が浮かれる服

減価償却とは

企業会計における

固定資産の

購入費用を使用可能期間に渡って

分割して費用計上する

会計処理のこと

 

 

洋服を買うときにも

この考え方を使うことが

ままある

 

「5万円か、高いなー

あ、でも5年着たとしたら

1年1万円ってことだよね

それなら良いんじゃない?」

 

と言う具合にだ

 

 

洋服中毒なら

一度はあると思います

 

 

 

しかしながら

この考え方には落とし穴があって

 

 

買うときは一年以上着るつもりでも

 

着てみたら思っていたのと違った

飽きた

デザインが古くなった

好みが変わった

体型が変わった

 

などの理由で一年で

着なくなってしまうこと

 

洋服は固定資産ではなく

消耗品なのだ

 

 

そうなったら

1年5万円の服だ

 

どこかに売ったとしても

1年1万円の計算には

ならないだろうし

 

売る手間のことを考えたら

頑張ってもう少し着る

と言う選択もある

 

でもそれだと

ものすごくテンションが落ちる

 

 

着た時の

ワクワクして

みんなに見せたくて

ドヤって気持ちは

 

最早ない

 

 

 

とすると

流行りもの

デザインが強いものは

どんなにときめいても

高い金額を出すのは

ちょっと考えものなのかな?

 

 

流行に左右されない定番品や

シンプルな服は

それこそコーディネートを組み立てる時の

部品として考えて

良いものを買っても良いかな?

 

 

買い物するときに

今の気持ちだけでなく

そんな打算をするのは

とても疲れることだなぁ

 

 

 

 

そこまで考えていて

 

あ、そうだと気がついた

 

経年変化によって

買ったときよりも

着続けてもっと

(自分にとって)価値の上がる服もあるよね!

 

 

例えばデニムとか

革ジャンとか?

 

 

わたしにとっては

ダニエラ・グレジスの

オーバーダイのシリーズなんかは

そうかも!

 

洗濯するほどに

オーバーダイした色が落ちて

雰囲気が変わってくる

 

いつまでも

ウキウキした気持ちで着られる服!

 

それって

ものすごーく

コスパが良いのではないかな?

 

 

f:id:fashionclub:20210808185026j:image
f:id:fashionclub:20210808185033j:image
f:id:fashionclub:20210808185029j:image

 

 

買った時よりも何年も着た

今の方が好きな服です

 

 

 

 

もし子

 

 

 

 

 

似合わないのではなく見慣れないだけ

わたしは服を買いに行くんだったら

一人で行きたい

 

理由を述べるのは

ちょっと痛い

心にダメージを負うが

でもあえてさらけ出そうと思う

 

 

 

第一に

わたしが服に出す値段を

友だちに知られたくないのです

 

 

わたしの友だちは

シャツに一万円も出すなんて😱‼️

って言う人がほとんど

 

服は消耗品なのです

 

 

どのくらい興味がないかと言うと

このブログでも

買わないくせに取り憑かれたようになって

呟きまくっていた

ユニクロ+Jのこと

 

 

え?

なにそれ???

UNIQLOなのにたっかー

って言う人がほとんど

 

 

良くても

 

あー

なんか聞いたことある

ジルサンダーとのコラボでしょう?

 

 

くらいの関心の薄さ

 

 

だから

わたしが服で興奮したり

ときめいたりするのは

信じられないし

 

 

たかが布に

ウン万円も出すなんて

信じられないだろうし

多分、怒られる(何故か泣)

 

 

 

 

第二には

ゆっくり見たいわたしに

付き合わせるのが悪い

と思うからです

 

 

 

だから一人で買いに行く

 

 

 

 

 

 

友だちの買い物にも

基本は付き合いません

 

だって

言いたいこといったら

ウザがられるに決まっているし

思ったこと飲み込むのはしんどいし

 

 

 

 

服好きな人って

わたしの知っている人限定かもしれないけど

 

試着は当たり前だし

試着室から出てきて

全身チェックする

 

どうかなぁ

と言いつつ

褒め言葉は受け入れてくれる

 

 

体型的に似合わないのは

致し方ない

 

けれど

綺麗に着られているなら

 

その印象が

似合うか似合わないかより

 

その服が

好きかそうでないか

で考えてる

 

 

 

 

服に興味がない人は

その服を見て

いいなーと言っていても

 

大抵

自分は似合わないって言う

 

試着をすすめても

どうせ似合わない

試さないで服を置いてしまう

 

 

わたしは

いいなーって気持ちを

もっと大切にして欲しいと思うが

 

大きなお世話なので

言わない

 

 

 

無難な服ではなく

好きな服を着て欲しい

 

似合わない服なんてないよ

見慣れないだけ

 

多少背伸びかもしれなくとも

着こなす工夫をしようよ

チャレンジしよう

 

そう喉元まででかかって

飲み込む

 

そんなこと本当に言ったら

ウザイに決まってるし

 

 

 

だから

服に関しては

基本

一人行動

 

 

とはいえ

寂しさもあるから

インスタやら

ブログやらをやっているのでした

 

 

f:id:fashionclub:20210718174746j:image

こんなカッコしているわたしと

一緒に歩いてくれるひとは

少ないのかもしれない

 

 

 

 

少しばかり

アンニュイな気分に浸っている

もし子

 

 

 

 

 

ものの価値

 

SALE時期になると

考えてしまうことがある

 

ものの価値ってなんだろう

 

洋服が世に出るまでって

素人が考えても

多くの過程を経ると思うよね

 

作るだけでも

調査

企画

立案

準備

試行

作成

確認

 

それから

配送

陳列

販売

 

 

ちょっと考えただけでも

たくさんの人が

関わっているのがわかる

 

洋服を作る人は

世の中の先を読んで

想像力を働かせて

イメージを具現化して

それを人に伝えなきゃならない

 

複雑で

神経を使う仕事だと思う

 

 

そうやって作られた服が

定価で売れるのは

半年もない

 

時間が経つにつれて

鮮度が落ち

価値が下がっていく

 

 

 

 

 

私たち消費者は

洋服の値段を

原材料はいくらかってだけで

高すぎるとか

安くていいねとか言って

判断しがちだ

 

 

SALEになると嬉しいし

SALEが当たり前になると

定価で買うのがバカらしくなっちゃう

 

SALEの値段が

適正価格って

思えてしまうから

 

 

 

 

 

目に見えないもの

手に取れないものの価値を

はかるのは難しいけれど

 

気が付かない

考えもしない人には

なりたくないなと思う、、、

難しいけどね

 

 

 

そうして最近考えるのは

中古品の価値って

どう判断すれば良いのかなってこと

 

 

一度誰かの手に渡ったものは

そこで作り手には対価が渡っているから

 

それをまた誰かに売るときは

そのものの純粋な価値を判断されるんだよね

 

 

その価値とは

そのものにどれだけ欲しい人がいるかって

ことなんだろうけど

 

どうしてみんながそれを欲しがるのか

それについて考えちゃう

 

 

ある人はそれを

洗脳のようなものって

言ってた

 

 

このことについて

誰かと徹底的に話しをしてみたいんだけど

 

こんなこと真剣に

一緒に考えてくれる人が身近にいない

悲しさよ

 

 

 

いつか

ストンとくる答えに辿り着けるかしら

 

 

 

 

 

f:id:fashionclub:20210711203916j:image

 

特に話題には関係のない写真

 

もし子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーディネートにはロジックよりストーリーを

ファッションに

方程式を当てはめれば

オシャレの答えは簡単に得られる

 

日本に洋服の文化を持ってきた方々が

まずやったことは

だ、である調で

ファッションを語ること

 

こうするとオシャレって

ハッキリ言うこと

 

 

今は多様性

個性の時代

 

これがオシャレだ!

なんて言うと

叩かれちゃうから

自分はこれがオシャレだと思うよ!

自分はこれが好きだよ!

おすすめだよ!

的な言い方になる

 

 

そこでロジックの出番

 

これにはこれを合わせなさいという答え

じゃなくて

こう言う式を当てはめると

自ずと同じ答えが出せるでしょ?

 

ってことだ

 

それは

オシャレを語りやすいし

そしてたしかに方程式を使えば

誰でもオシャレにはなる

 

 

ただし

みんな同じ答えを出しちゃうと

少しばかり

退屈にもなってくる

 

優等生ファッション

 

そうなると

オシャレって何だっけ?

という疑問が湧いてくる

 

 

 

わたしは服が好きだから

いろいろなYouTuberさんの番組を

観ているけれど

 

飽きずに観ていて

素敵だなぁと思うのは

ファッションにストーリーがある人

 

 

そのストーリーは

その人の生きてきた道だったり

創作だったり色々だけど

 

着やすい服や

着たら誰でも素敵になれる服より

 

みんなはどうか分からないけど

自分の心にはビビビっときたんだよって

服を熱く語ってくれるのが

イイなと思う

 

 

 

 

そんなことをドトールでコーヒーを飲みながら

つらつらと考えた今日この頃なのでした

 

 

 

f:id:fashionclub:20210704215033j:image

 

 

 

 

もし子

 

 

 

 

 

 

 

イメージが固定されることに不自由さを感じること

最近、今まで築き上げてきた自分のイメージを

ぶっ壊したくなっていて

 

 

いや実際のことろ

自分が他人にどう思われてきるか

見られているかなんて

わかりっこないんだけど

 

 

とにかく

 

オシャレだね

かっこいいね

 

って言われたくて服を着ていたのが

急にそう思われたくなくなったというか、、、

 

 

 

なんだろうこの気持ちは

まとまらないんだけど

 

決めつけられたくない

 

服好きな人という

わたしの一面が

わたしの手に負えないぐらい

大きくなったら困る

 

 

そういうことなのかもしれない

 

 

 

だからなのか

何故か急に

むかーしむかしの

スヌーピーのTシャツを着ちゃったりして

 

 

 

 

アラフィフなのにキャラクターTシャツを着ている自分

人からは痛いと思われているかしら

ふん!

だからなんだってんだ!

 

 

と、まぁ

 

これまで

オシャレ好き

洋服好きな

イメージの積み上げを

ぶっ壊すような

とにかく

ややこしい衝動を抱えております

 

 

 

何十回目かの反抗期?

もしくは更年期なのかなぁ

 

 

 

 

 

わたしはいつも

服装から

自分の職業が透けて見えるようなのは

嫌で

 

 

この人何やっている人なのかなぁ

と見た目からは想像できないような

カッコをしていたい

 

仕事と

プライベートの切り替えを

服を着替えることでやっているのだけど

 

 

それは

自分を一面でしか見て欲しくない

という欲求なのかもしれない

 

 

 

服に悩んで困っていた30代から40代前半

 

今はワードローブも完成されていて

着るものに困ることも

ストレスを感じることも

少なくなったんだけど

 

今はあえて

困りたいし

ストレスを感じたい

この気持ちはいったい

どこに着地するかなぁ

 

 

 

教えて

wee weeちゃん

 

f:id:fashionclub:20210703232818j:image

 

 

 

 

もし子

服はあるのに着るものがないことについて

服はあるのに着るものがないって

わたしにも経験があります

 

それって

 

 

冷蔵庫にあるもので料理ができないって

ことと似ている

 

レシピがあって

材料が全部揃っていて

その通りに作ることはできる

 

でもその材料を使って

他の料理は作れない

 

 

ましてや創作料理なんて

無理of無理

 

 

 

どうすれば料理が上達するのか

 

 

いろんな料理を知ること

食材の味や特徴を理解すること

調味料を知ること

食べてみること

 

 

人に教わって覚えるか

レシピの通り実践を積み重ねて覚えるか

 

いずれにせよ

とにかく経験を積むしかない

 

 

 

服も同じ

 

 

 

 

 

だけどなぜ?

 

こんなにたくさん服を買って

毎日服を選んで

着て

SNSもチェックして

経験を積み重ねているのに

やっぱり着る服がない

 

 

 

いったいなぜなんだろうか?

 

 

 

 

経験とは

それをしたことがない状態から

したことがある状態になること

それによって知識や技能を得ること

 

 

それはつまり

誰かの真似しているだけでは

経験は積み上がらない

と言うことなのではないか?

 

 

 

自分で服を選ばなければならなくなったとき

最初は雑誌やインフルエンサーなどの

真似をする人

多いと思う

 

真似をしながら

自分に似合う色、形

好きな色、形

なりたい自分のイメージなどを

獲得していく

 

でも

そんなこと考えず

ただ漠然と誰かの真似をしているだけだと

知識も技能も身に付かなくて

 

結果

ずっと誰かの真似をし続けないと

ならなくなる

 

 

 

 

YouTubeでシトウレイさんが

筋肉と同じで負荷をかけないと

センスは磨かれないって言っていて

 

そうだそうだ

たしかにそうだと思ったのでした

 

 

 

難しいアイテムにチャレンジしたり

無難な服ではなく

着たいけど難しそうな服に

どんどんチャレンジすること

 

 

失敗しないようにするのではなく

バンバン失敗すること

失敗しても

なんで?どこがダメだった?って

考えること

 

 

 

 

ああそうか

 

お洒落な人が

知性に溢れて見えるのは

そう言うことなんだな

 

 

 

そんなことを考えて

スケスケシャツにチャレンジしてみた

わたしなのでした

 

 

 

f:id:fashionclub:20210620234204j:image

 

 

 

でもやっぱり

オーバーオールと合わせる以外の

着こなしが思いつかないんだよなー

 

 

悩も

 

 

 

もしこ