fashionclubのブログ

モテないファッション。服は必要より欲しいで選ぶ。ブログ名は部活動のイメージでつけています。洋服好きな40代、アラフィフです。ファッションのこと、年齢の悩みなど書いていきたいと思っています。リアルな友だちに同じ趣味の人がいないので、服好きな方に仲良くしていただけたら嬉しいです。

カッコ良いスニーカーが欲しい

最近わたしは電車に乗ると

専ら人の足元を見ている

スニーカーだ

 

 

 

 

わたしは買い物をするとき、

プロのアドバイスが欲しい人です

 

自分のセンスに自信がないからね

 

砂漠の中から

一本の釘を見つけることができないように

 

沢山の選択肢の中から

自分の服を見つけることは

わたしにはできそうもなく、、、

 

そもそも

何が欲しいのかもよくわかってなかったりするし

 

だから

オススメされた中から自分で選ぶのが

一番楽だし確実なのよ

 

 

 

でもね

世の中って色々な価値観

考え方があるから

 

そんな話を友だちにすると

「もし子はいい🦆なんじゃない?」

って言われることもある

 

 

言われるまま買っちゃうんじゃない?

って思われるらしい

 

 

ええ?

本音を言うと

むしろ言われるまま買いたいくらいなんだけど、、

 

 

丸ごとプロにプロデュースしてもらうって

贅沢じゃないか?

 

なんなら

「いいよー」「似合っていますね」

「イマイチだよー」「サイズが違うかなぁ」

などの曖昧な言葉じゃなくて

「これを買いなさい」と

ズバリ言ってくれても良いくらいなんだけど

 

流石にそれは主体性がなさすぎる

 

 

ともかくも

餅は餅屋に聞けって諺にもあるように

カッコよくなりたいなら

プロのアドバイスを取り入れた方が

断然コスパ良い

 

それってwinwinってことなんじゃないかと思うんだ

 

 

🦆って思われちゃうのは

分不相応に

高いものを買ったり

買いすぎちゃったりしたときかなぁ?

 

 

 

 

ちょっと横にされましたね

 

そうそう

スニーカーの話です

 

 

少し前に

とあるセレクトショップに行ったとき

 

コーディネートのアドバイスをもらって

 

「こういうスタイルで

スニーカーにするなら、足元はNIKEかな」と言われてから

何だかNIKEが気になってきちゃったんです

 

 

流石に単純すぎるかな汗

 

 

そのときは

なんでもかんでもNIKEじゃなくて

これとこれを合わせるなら

コンバースとかじゃなくてNIKEかな?

ってニュアンスだったんだけど

 

わたしの頭は

すっかりNIKEに占められてしまった

 

 

 

だけど案の定わからない

ジョーダンとかエアフォースとかダンクとか

みんなおんなじ形に見える

 

それをある人に話をしたら

アイドルグループのメンバーが

みんな同じ顔に見えるのと

おなじですねって言われたけど

 

ホントそうなのー

 

 

 

 

フリマアプリで見ているとね

例えば同じエアジョーダンでも

値段が何十万するものから

千いくらのとかもあり

 

頭こんがらがる

 

この違いは何?って

これもある人に聞いたら

 

 

"色"なんだって

 

 

ファッションリーダー的な著名人がはいた色のスニーカーは

人気で値段が上がるんだって

 

 

そのファッションリーダーさんは

単純な色の好みではなく

そのシューズの色のモチーフは何か

で選んでいて

 

そのモチーフになったものがカッコいいから

その色がカッコいいんだって

 

例えば推しのバスケットチームのカラーとかね

 

 

 

同じ色でも値段が違うのは

オリジナルか復刻かの違いらしい

発売された時期が違うだけで

同じモノなのに

オリジナルと復刻と

価値を分けるのもちょっとわからないけど、、、

 

 

スニーカーってときが経つと

加水分解とかしてボロボロになってくるし、、、

 

 

まぁデニムも同じかそれは

 

 

 

ともかく

そう聞くと

「カッコ良い」と思う気持ちにちも

オリジナルと模倣があるんだなって思った

 

 

自分がカッコいいと思うんじゃなく

自分がカッコいいって思う人がカッコいいって思っているから

カッコいいと思う

 

 

で、そのカッコ良い人をカッコ良いと思う人が

沢山いればいるほど

その人の持っているものをみんなが欲しがるから

需要と供給のバランスで値段が上がる

 

 

それって洗脳みたいなものだなぁと思ったよ

 

 

 

 

 

あ、でも待てよ?

どうしてみんな同じ人をカッコ良いと思うんだろうか?

 

 

またしてもダンジョンに迷い込んだ感じになっちゃいました

自分でもよくわかっていません汗

 

 

 

 

思考が手に負えなくなったので

今日はもうおしまーい

 

 

 

 

 

もし子

自分の矛盾

わたしは職人の動きを見ているの好き

 

全く無駄のない

流れるような動き

美しいって思っています

 

ラーメン屋さんとかでは

カウンターに座って、ラーメンを作るところを

いつまでも見ていられる

 

 

 

先日、恵比寿に行ったんだけど

駅前の鯛焼き屋さん

女の子が一人で切り盛りしていた

 

その子の動きが良いの

そして愛想も良い!

 

鯛焼きを買って一人で食べながら

彼女の動きを眺めていたよ

 

音楽に聴き入ったり

お芝居にのめり込んだりするように

仕事ぶりに魅力されていました

 

 

まぁもしかしたらもしかしなくても

彼女にしたら気持ち悪かったかもしれない

だったらごめんだけど

 

 

 

 

自分の仕事でもそう

 

例えば、数ページの資料を作るため

印刷して帳合するとき

 

イベントの会場を準備するとき

 

 

動きの流れを止めず

無駄なく、スムーズにやりたい

 

できたときはめっちゃ気持ちいい‼︎

あーいい仕事したなって充足感がある

 

 

 

連続し繰り返す

乱れないリズム

 

 

規則正しいことは

美しいと思う

 

 

 

 

 

でもね

ファッションとなると

綺麗にまとめるのは

あんまり好きじゃないんだよね

"雑音"とか"引っかかり"とか"違和感"とか

妙に惹かれる

 

同じテイストの服で綺麗にまとめるのは嫌で

まったく違う価値観で作られたものを

ごちゃ混ぜにして着たい

 

 

 

それは、自分が"こうだ"って

固まってしまうことが嫌だからかも

 

これ"もし子っぽい"よねって言われること

嫌じゃないんだけど

しばらくするとそんな自分っぽさに飽きると言うか、、

 

これはもういいかなって思うんだよね

 

 

 

 

また洋服にこじつけちゃったけど

最近思ったことでした

 

 

 

 

もし子

 

 

 

 

 

自分を肯定すること

幸せなことに条件が必要って

悲しいことだよね

 

お金があるからハッピー

健康だからハッピー

友だちがたくさんいるからハッピー

 

じゃあ何もなければ

不幸せなのかな?

 

 

 

 

 

ここからは友人から聞いた話

 

 

その友人が幼いころ

近所に町内一美人のお姉さんが住んでいて

見初められて

とある裕福な家に嫁いでいったそう

 

 

何不自由なく

幸せに暮らしているのだと思っていたら

 

何十年も経ったある日

近所のコンビニで彼女は働いていて、、、

 

しかも彼女の家からは

ずいぶん遠く離れたお店だったらしい

 

意外に思った友人が

母親にその話をしたところ

 

母親は事情を知っていたらしく

教えてくれた

 

お金も美も家族も友人も

土地も何もかも持っていた彼女は

 

あるとき急に生ているのが

しんどくなっちゃったんだって

 

ずいぶん辛い時期があって

でもコンビニでアルバイトを始めたら

また生きるのが楽しくなったんだそう

 

 

 

 

なんだか重たい話をしてしまったかもしれないけど

そんな話を聞くと

幸せは条件じゃないなって思うよね

 

 

 

じゃあどんなことが幸せなのかなと考えてみるけど

良くわからないな

楽しい、嬉しいは分かりやすいんだけどね

 

わたしはどんなときに幸せって思うんだろうか?

 

 

 

わたしだって

忙しない日々の中でも

自分の置かれている環境とか

周りの人に

ありがたいなぁと思う心はある

 

前述したお姉さんも

そうだったと思う

 

 

じゃあ何で?

生きるのがしんどいのかなって想像すると

もしかしたら

自分で自分が嫌いだったんじゃないかなぁ

 

嫌いな人とは離れればよいけど

自分からは絶対に逃げられないもんね

 

 

 

自分が自分であること

良い部分も悪い部分もあり

生々しい感情を持っている人間である

そのまま丸ごと

自分自身を肯定すること

 

自分はこうだ

こう言う人だと

ありのままで人の中にいられること

 

 

そうある人は幸福なのかもしれない

 

 

 

 

考えてみると洋服は

ありのままの自分を

肯定するツールでもあるかもしれない

なんてまた洋服の話にこじつけているみたいだけども

 

でも社会に合わせて服を着ているよりも

自分が好きな服を好きなように着ている方が

断然幸せだもん

 

 

 

例えば制服

自分自身であるよりも

学生であること

その会社の人間であることが

優先されている状態ってことで

ありのままの自分自身ではない

 

そう言うことに息苦しさを感じることって

誰しもあると思う

 

 

急にどこかに逃げたくなること

 

よくさ、電車に乗って

通学、もしくは通勤しているときに

 

いつもの駅を乗り過ごして

このままどこかへ行っちゃいたいなー

なんて思う瞬間が

誰にでも一度はあったんじゃない?

 

 

でも実際そんなことできないし

できたとしてもそれで得られる自由は

ほんのいっときのこと

 

 

じゃあ学校や会社を辞めたら自由なのかって言ったら

また別のしがらみに囚われるだけで

同じことの繰り返し

 

 

 

そんなこともつらつら考えると

自由でいたい

その自由は

しがらみから解放されることではなく

 

自分が自分を肯定して

自分はこれでいいんだと

認めて受け入れることなのかもしれないなって

思った

 

 

そしてそれを表現するのがファッションなのかもしれない

 

 

 

また最後にファッションにこじつけましたー

 

 

 

ちょっとややこしいことを考えましたが

まとまらずに終わります

 

 

 

 

いつかこの続きを考えてみよう

 

 

 

 

もし子

 

古着屋さんについて

最近の趣味は古着屋さん巡り

 

 

わたし、今

古着にハマっています

 

 

これは前にブログに書いたことかもしれないけど、、、

 

最初は

好きなブランドの過去のコレクションに興味を持ち

でも中古でものを買ったことがなかったから

Instagramでフォローさせて頂いている方に

相談をしたのです

 

わたし、そのときまでいらなくなった服は

元の値段が幾らだろうと

等しく

"いらなくなったもの"

って思っていた

 

服の対価は生産者に払うもの

その服を売っているお店には

"ファッションを提案してもらったこと"

物と言うより"行為"に対して

対価をお支払いしているって感覚だったの

 

だから、自分がフリマとかで古着を売った時も

ブランドだろうと

そうでなかろうと

手間賃?

全部でだいたいこのくらい稼げたらいいなーって考えて

Tシャツ一律300円から500円という考えで

手放していた

 

でもそのとき

そのフォローさせて頂いている方に

その服そのものの価値

その値段に自分が納得できるかどうかだって

お話をして頂いて

 

自分の中でがらりと価値観が

変わっちゃったんだよね

 

 

それから古着に興味が湧いてきて

自分の昔の服や

家族の昔の服とかを見直してみたの

 

そしたら、今着たいなって服が

いっぱいあって

 

知らずy2kの流行に

引っ張られていたのかもしれないけど

 

古い服を着ているうちに

古着屋さんにも興味が出てきたのでした

 

 

 

 

興味が興味で終わらなかったのは

SNSで情報を集めやすくて

すぐに行動に移せたことと

 

駅から遠いところにあるお店が多くて

いろんな街の色んな商店街を歩けるのが

楽しかったからかもしれない

 

 

まぁそんなわけで

いろんな古着屋さんに

行きました

 

 

だけど残念ながら

ほぼ買い物が出来ず、リピートもせずに

終わっています

 

 

なぜか、、、

 

 

自力でものを選ぶ力がないこと

着こなしがわからないこと

 

 

かなぁ?

 

 

 

もう少し詳しく書くと

わたしは今、

Tシャツとデニムに傾倒しているから

古き良きアメリカ的な服にグッとくるのね

 

USA製かどうかも気にしていたり

 

だからオーナーさんが

直接アメリカで買付をしているお店に

行ってみたくなる

 

 

だけど

お店が大きくて、物量が多くて

色んな要素が詰め込まれていて

買う人にも力量が必要なお店は

ちょっと太刀打ちできないんだよね

 

 

オーナーさんの好みが

はっきりと反映されている

大きすぎないお店が

買い物しやすくて良いのです

 

 

 

 

そして、アメカジが好きでも

アメカジ一辺倒で来なかったわたしは

シンプルな服をカッコよく着こなす術がわからない

 

現代の服は今の流行に合った服を作っているし

形もすごく計算されているよね

 

そしてブランドの服は

コーディネート提案も

いたるところでしてくれるから

ある意味楽なのよ

 

 

 

 

そんなこんな考えていくうち

アメカジと言うスタイル

別の言い方をすると"生き様"を売っているお店より

 

ファッションとして提案してくれるお店の方が

わたしは買いやすいって気がついた

 

 

古着屋さんの良し悪しではなく

古着の魅力でもなくてね

わたしが買い物できるかできないかと言う話なんだけどね

 

その服の魅力

どんな素性のものかも気になるけど

それだけしゃなくて

コーディネートや着こなしで提案をしてくれると

ものすごく買い物が捗るってことなのです

 

 

それぞれがカッコ良い服を合わせたら

カッコ良くなるに決まっているはずなのに

そうではないことがファッションの難しさだからね

 

 

 

 

ヴィンテージにも魅力を感じているんだけど、

そのことについては

またいずれ書こうと思う

 

 

 

 

ところでわたしの書くものって

よくよく考えたら誰の得にもならないよね

 

それなのにここまで読んでくれた方

本当にありがとうございます‼︎

 

 

 

もし子

 

ジーンズをどこで買う?

今、90年代のファッションが

流行っているらしいんだけど

 

疎いわたしも

多少は時代の空気感に影響されているのか

とにかく毎日ジーンズが履きたい

 

わたしにとって90年代と言えば

ジーンズですから

 

 

 

ところでみんなは

いったいどこでジーンズを買っているんだろ?

 

若い頃履いていたデニムは

数年前にもう履かないなって思って

処分しちゃった

 

そう言う人も多いと思うんだ

 

 

いろんなブランドがジーンズを作っているから

日頃洋服を買っているお店で選ぶか

専業ブランドで買うか

ジーンズはUNIQLOZARAでいいやって人も

多いかな?

選択肢が多いから

選ぶのも大変だよね

 

 

 

 

 

 

わたしの友だちは

服はデパートで買う人が多い

だからきっとジーンズもデパートで買うよね

 

服は好きでも嫌いでもなく

ただ、服のことに時間をかけたくないんだって

 

それから

ダサいのは嫌で、きちんとしていたい

UNIQLOZARAは仕事ではもう着られないって思っている

仕事の服と休日の服にはあんまり差がない

 

野外で遊ぶこともほとんどないから

カジュアルな服はあんまり持っていない

 

 

そんな友人たちにとっては

なんだかんだデパートって便利

あれこれ歩き回らなくとも

デパートに行けば全部の用事が済むから

なのだそうです

 

 

 

わたしはと言うと

デニムは元々沢山持っているけど

まだ足りないと思っている層に住んでいる民なので

いろんなところでチェックしている

 

そして

今一番興味があるのが古着屋さんなんだ

 

 

 

古着屋さんも沢山あるけど

わたしはYouTubeで紹介されていて

気になったお店に行くのが好き

 

古着を見て

近くの美味しそうなお店でご飯食べて

たまにはビール🍺を飲んで

また古着を見て

 

そんな一日は最高だなって思う

 

 

 

 

余談だけど

なぜか、

現行もののセレクトショップに行くときは

美味しいコーヒー☕️が飲みたくなるんだけど

なんでなんだろか?

 

 

 

 

ほとんどの古着屋さんでは

あれこれ見て

何も買わずに帰るパターン

そして二回は行かないのですが(ごめんなさい)

 

すごく気に入ったお店もあります

 

 

 

その違いは何かなぁと考えていて

気がついたことがあるの

 

 

それは、そのお店が

ファッションを売っているか

スタイルを売っているか

 

この違いだなって

 

 

このことはちょっとまた次回、書きたいなって思っている

 

 

とにかくわたしには

スタイルを売っている古着屋さんは

ハードルが高く

ファッションを売っている古着屋さんが

買いやすい

 

 

 

今は90年代、アメカジもブームで

古着も注目させれている

わたしもアメカジしたい!

 

けれど

アメカジでずっと生きてきた人には敵わない

と思っている

アメカジが生き様な人

突き抜けている人はカッコ良い

 

 

わたしはなんでもちょこちょこ齧って

何事も付け焼き刃、、、

それが生き様といえば言えるのかな?

カッコ良くはないけどね汗

 

 

 

 

もし子

 

一般人のアラフィフ女性がバレンシアガで接客を受けたら

前のブログ記事で

これからはテーマを決めて

それに沿って服を買うって書きました

 

そしてわたしのテーマは

パリの人が日本のアメカジをしたら

 

ちょっと言い方違ったかな?

でもまぁそんな感じの

 

ある人にそのことを話したら

 

 

それなら

バレンシアガがぴったりだと

教えてくれました

とくにスニーカーの

ディフェンダーがいいよって

 

 

なるほどその発想はわたしではできない

若い感性だなって思って

 

 

 

それに

そう言えば、最近

お洒落な人たちが

バレンシアガがカッコいいって

言ってんなー

 

って思い出して

 

 

 

それじゃあと

表参道に行く用事のときに

バレンシアガの路面店

寄ってみることにしたのです

 

 

 

 

先に言っておくと

わたしはセレクトショップが好き

小さなお店が好き

 

一人じゃ買い物できないから

お店の方にオススメしてもらったり

色々と教えてもらうのが好き

 

そんなわたしが

無謀にも一人でハイブランドのお店に

乗り込んだのです

 

 

 

 

まず、一歩ドアを入ると

黒いシャツとパンツのセットアップに

黒の革かな?の靴と

サコッシュ?って言うのかな?を

斜めがけかな?といった

制服を着た女性が

出迎えてくれました?

 

そして傘を受け取ると、ビニールに入れ

こちらでお預かりしますと、、

 

えー

わたしのって

地元の商店街で買った

2,000円の傘なんだけどー

 

と、焦るわたし

 

そして消毒と検温を促され

そこからは

傘を受け取ってくれた店員さんが

(多分店員なんて言わない。。なんか横文字のカッコ良い名前がついているはず。わからんけど)

なんとマンツーマンで対応してくれたのです

 

何をお探しですか?

と言われたので

 

スニーカーをと答えるわたし

 

知り合いに

スニーカーがいいよって教えてもらったので

ちょっと気になって

まだ買うとは決めていないんですけど、、、

 

と遠回しに一人で見て回りたい

要望を伝えたけど

 

あまりにも遠回しが過ぎたのか

無理な注文だったのか

とにかく

それならお二階ですと

流れるようにエレベーターに促されました

 

そして

2,000円の傘を持った 見るからにショボそうなおばちゃんに対して

店員さんの1ミリも変わらない態度

とても大切な顧客の相手をしているかのような

応対に感服しちゃいました

 

 

 

2階につくと、スニーカーコーナーに案内され

人気のモデルはどれかを教えてもらう

 

出していない色もあるので言ってくださいと

流れるような説明でした

 

教わったディフェンダー

見た目がほとんど

ジープのタイヤとおんなじだったので

 

最初は優しめなところで

人気モデルから試着を希望しました

 

 

 

バックヤードからマイサイズを出してもらい

試着

 

、、、

無理だったよ、、、

 

 

カッコ良い云々の前に

歩けなかった

 

 

ソールが外向きに張り出しているので

右の脚を前に出す時には

左のソールに引っかかり

左の脚を前に出す時には

右のソールに引っかかり

 

一歩前に進むごと

転びそうになるのでした

 

 

店員さんに

わたし、これ歩けないみたい

と率直に伝えると

 

 

これが無理なら、

他のモデルはもっと張り出しているから

もっと無理かもしれません

とのこと

 

 

あーじゃあ残念だけど諦めますね

と言うことで

あっけなくバレンシアガ終了

 

 

来た時の反対で

店員さんが恭しく差し出す

わたしの2,000円の傘を受け取り

もう一度お礼と

無駄骨させちゃったことへのお詫びをして

お店を出たのでした

 

 

 

見た目で察するべきだったよなー

やっぱり

 

店員さんに時間を取らせてしまい

申し訳なかったなぁ

 

 

 

でも良い経験をしました!

一つ知ることができたからね

 

 

 

 

あとね

お店のつくりも変わっていて

 

カステラみたいな形の建物なのだけどね

カステラの横の面の真ん中あたりが入り口として

玄関ホールに入ってからフロアまで

横の面が全部鏡なの!

 

広く見えるっちゃ見えるんだけど

ちょっと気がおかしくなりそうだった

 

 

 

こういうとき

わたしはおばちゃんなんだなーって思うよね

 

 

 

 

因みに、わたしがいたとき

他のお客さんは

若い男性が一人だけだったんだけど

 

Tシャツとブラックデニムに鞄を

斜めがけして

とってもシンプルだったのに

オシャレオーラが物凄かった

 

 

なんてことないふつうのカッコが

ものすごくオシャレになっちゃう

それこそがハイブランドなのかもしれないなって

思った次第です

 

 

 

 

もし子

 

 

 

 

ダサいってなに?

もしかしたら辛口なことを書いているので

この先読む方は用心して下さい!

 

 

 

フォローさせて頂いている

YouTube番組の楽しみ方の一つに

 

コメントとかチャットがあります

 

 

唐突なようですが

わたしは子どもの頃

ジャンプとサンデーを読んでいて

巻末にある読者参加の投稿ページが

楽しみのひとつでした

 

有名なハガキ職人から

放送作家になった方もいるのですよね

 

 

つまり

素人?で面白い人って

ほんと面白いって思って

 

コメントを読んで

クスクス、ニヤニヤしているのです

 

 

笑いって癒しですよね

 

 

 

 

だけど時々、

ハラハラする言葉に出会うこともあって

そんなときは肝が冷えます

 

 

 

先日、必ず視聴をするYouTube番組で

コーディネート特集があったのですね

 

その回のコメント欄に

キツい言葉がチラホラあって

 

ダサいとかそう言う単語での悪口とか

嫌味とか

 

 

 

一般公開している限り

悪い評価があるって

それは仕方がない

 

議論することも

陳腐にならないためには

必要なことだと思う

言論の自由?と言ってもいいのかな?

 

 

 

でもさ、どうしても考える

ダサいって言うのは何かと比べて?

それとも

自分の好みに合わないことを

そう評価しているのかなぁ?

 

ダサいってなんなのさ?

 

 

 

 

 

それがわからないから

そのひと言が悪意に感じるし

そうすると

自分の悪意も引き出されて

 

一気にテンション下がっちゃうんだよね

 

 

 

そのYouTuberさんは

アパレルのバイヤーさんで

自身のブランドも持っている方

 

ファッションの最前線にいる方なのだから

他の人と感性が違って当たり前

一般の人より一歩も二歩も進んでいる

 

それが役割だからね

 

 

 

今の、リアルなファッション

リアルにみんなが求めていることを

紹介や解説してくれるのも

ありがたいけど

 

それはそれ

これはこれで

 

たまには新しい価値観

刺激的なことも紹介してくれないと

 

ファッションが前に進んでいかないじゃん

って思うんだ

 

 

 

 

悪意に出会ったとき傍観者でいた方がいいのか

それはおかしいよって意見を表明する方がよいのか

悩むんだよなぁ

 

 

 

でも、コメント欄で返信すると

他の人の感情も荒らしちゃうかもしれないから

やっぱりスルーが一番だと思う

 

だからここで普段思っていることを

吐き出してみましたー

 

 

 

不快になっちゃった方いるかな?

ごめんなさい

 

 

 

 

もし子